肩甲骨ストレッチ

バストアップのおっぱい体操の詳細

今メディアでも取り上げられていて注目されているおっぱい体操ですが、おっぱい体操は誰もが簡単に始められるおっぱいのストレッチのようなものです。
この体操がなぜ効果的かというと、血液やリンパ、おっぱいの形を形成する乳腺の発達を促す女性ホルモンの循環を良くすることが出来きて、バストアップにつながると言われています。
それでは、この体操はどのように行うかというと、心臓がある左側の胸を右手で持ち上げ鎖骨の中心に向かって、斜め上に弾ませるように揺らしそれを約20から30秒ほどくりかえし、右も同様に左手で支えて同じ事を繰り返し、最後に両手で脇からおっぱいを中央に寄せあげて、上に向かって同様に揺らすとても簡単な体操です。

注意点としては、強くやらないことが第一に挙げられます。
これはおっぱいを支えているクーパー靭帯を痛めてしまう場合があるためだと言われています。
クーパー靭帯が傷つき切れてしまうと逆におっぱいが垂れ下がってしまいます。
また生理中や妊娠中などおっぱいがはっている時も注意しなければいけません。
また、授乳中は母乳の出をよくする為にも効果的で、産後のおっぱいのたるみにも効果的であると言われていますが、やはりやりすぎは逆効果なので注意が必要です。
こちらのバストアップに良い季節についても興味深いです。


このページの先頭へ